キッチンリフォームのポイント

キッチンレイアウト:I型レイアウト

キッチンレイアウトの基本ともいえる、シンク・コンロ・冷蔵庫を一列に並べたレイアウトです。
調理中の動きが左右の直線でシンプルなため、コンパクトなキッチン向け。
幅が長すぎると動きが増えて作業効率が悪くなってしまうため、最大でも300cm程度にするのがよいでしょう。

I型壁付きレイアウト

I型壁付きレイアウト

ごく一般的なレイアウトですが、ダイニングに背を向けることになるため、家族とのコミュニケーションはとりにくくなります。
冷蔵庫の置き場所次第でキッチンの使い勝手が大幅に変わりますので、冷蔵庫の配置が重要になるレイアウトです。

【TOTO】LK

最も一般的な例
【TOTO】LK

【LIXIL】レノ

コンパクトにまとめた例
【LIXIL】レノ

I型対面レイアウト

I型対面レイアウト

背面にカウンターを設置したり造作壁を設けたりして、対面式にした人気のレイアウトです。
家族とのコミュニケーションはとりやすくなりますが、スペースが必要なので通路の確保が難しい場合があります。

【Panasonic】リビングステーション NEW S-class

背面カウンターの例
【Panasonic】リビングステーション NEW S-class

【LIXIL】アミィ

背面造作壁の例
【LIXIL】アミィ

このページのトップへ