久留米店ショールーム

快適なお風呂にリフォーム

こんにちは、ニッカホーム久留米営業所です。

最近朝晩が冷えてきましたね。もう少ししたら、朝晩に暖房を使う季節になります。

そうすると外と室内の温度差で起こる現象があります。

1つ目は、窓の結露です。

2つ目は、ヒートショックです。

1つ目の窓の結露に関しては、外気で冷やされた窓に室内の温かさで蒸気となった水分が

冷やされて、水滴となる現象で窓の室内側が濡れてサッシの下場や床などに水がたまります。

2つ目は、ヒートショックです、ヒートショックが起こりやすい場所は、お風呂やトイレだと言われます。

原因としては、温かい居間から寒いお風呂場に行くと体温を下げまいと血流を早くして血圧が上がります。

そして温かいお湯を体にかぶると血管が広がり血圧が下がります。

急な血圧の変動により心臓への負担で起こる症状がヒートショックです。

他にも色々な症状がありますが、今回工事させていただいたご自宅がこの2つの現象を無くす工事をさせていただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

今回の工事の要点は

①・お風呂が寒い

②・浴槽が狭い

③・掃除がしにくい

④・床が滑る

⑤・洗面所との段差がある

この要点からリフォームの内容を打ち合わせさせていただき、お客様が快適で安心のお風呂場を作らさせていただきました。

まずは工事前の写真からご覧ください。

DSCN1874.JPGDSCN1871.JPG

DSCN1875.JPGDSCN1879.JPG

上の写真が工事前の状態です。

浴槽が壁から壁もないくらいなので大きさ的には浴槽内長さが1mもない大きさでした。

壁や床もすべてタイルの為冬場は冷たく濡れると滑りやすくご高齢のお母様もいらしたので、

危険な要素はいくつもある状態でした。

今回の工事は介護が必要なお母様が安心して入ることのできる浴室と息子様ご夫婦が今後安心して入る浴室を作る為工事させていただきました。

工事後がこのようになっております。

DSCN2983.JPGDSCN2984.JPG

DSCN2981.JPGDSCN2988.JPG

まず、浴槽の位置を変えることで広い浴槽になりました。

長さが全体で1m40ほどになりゆったりと入っていただける大きさです。

床材もタイルから塩ビ製のバスナフローレを施工いたしました。

この素材は介護現場などでも使用されており、床の冷たさや滑りなどから

解消されます。

壁はバスフィットパネルになります。表面に光沢がありツルっとしている為

掃除がしやすくなっています。今回は1面アクセント仕様で施工させていただきました。

タイルと違い目地がないので、カビが生えてくる心配もありません。

手すりの位置も変更して、使い勝手を良くしています。

洗面所からの入口も土間を打ってほとんどなくなりました。

見にくいのですが、窓は内窓を設置しております。それにより外からの外気が入りにくく

窓も冷たくならないので、結露防止と浴室内の冷え込み防止になります。

さらに写真に写っていないのですが、壁付けの浴室換気乾燥暖房機も設置しております。

これにより、浴室内もですが、お風呂に入る前に、お風呂のドアを開けて暖房をつけておけば

洗面所も浴室と同じ温度になり急な冷気と暖気によりヒートショックの解消にもつながります。

このようにリフォームで快適な暮らしをするだけではなく、大切なご家族が安心して暮らす

事のできる住まい作りを考えてみませんか。

ニッカホームはお客様に寄り添いお客様のご納得いただけるリフォームを目指します。

ご自宅でお悩みのある方や危険を感じている方一度ご連絡ください。しっかりとした対応で

親身になってご提案させていただきます。

 

長くなりましたが、最後まで読んで下さりありがとうございました。

ご相談などお待ちしております。

ご相談・お見積もり無料で行っております。

お電話やホームページからのメールなどでもお待ちしております。

お気軽にご相談ください。

 

ニッカホーム福岡㈱久留米ショールーム

福岡県久留米市合川町1243-15

TEL     0942-41-8666

FAX    0942-41-8667

メール   kurume@nikka-home.co.jp

 


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ